ベリーベスト法律事務所がお届けする企業法務に関する法律情報メディア

お問い合わせ

リーガルモールビズ企業法務M&A

M&Aに関する記事

1〜10件を表示 (全8件)
企業法務M&A
小売業のM&Aにおける法務デューデリジェンスの重要性とその視座
本稿では、近年以下のように活用されている、小売業におけるM&Aの意義と、そこでの法務デューデリジェンスの重要性および視座を提供して参ります。   1.近年における大手各社のM&A事例 2012年6月、ビックカメラがコジマを子会社化しました。 2013年12月、セブンイレブンがFrancfrancを子会社化しました。 2014年3月、スーパーアークスがベルプラスを子会...
福田 匡剛

弁護士福田 匡剛
ベリーベスト法律事務所

2019年11月19日
企業法務M&A
レバレッジを効かす - LBO、SPC、NRL、LBOローン、タ...
1.はじめに LBOはLeveraged Buyout(レバレッジド・バイアウト)、SPCはSpecial Purpose Company(特別目的会社)、NRLはNon-Recourse Loan(ノンリコース・ローン)のことであるくらいは知っているよ、という方も、具体的にどのように使われるのか、使うのか、熟知している方はそれ程多くはないのではないでしょうか。 LBOローンがNon-Re...
斜木 裕二

弁護士斜木 裕二
ベリーベスト法律事務所

2019年10月1日
企業法務M&A
表明保証に関する裁判例から考えるM&A訴訟のリスク回避の方法
1.はじめに M&Aの失敗で多い例として、対象会社の情報が売主の事前の説明や提出された資料と異なることが挙げられます。 例えば、対象会社の財務諸表に粉飾決算が行われていたり、対象会社が実は破産しかけているのに、そのことについて、売主から一切説明がなされなかったりと、問題は多岐に渡ります。 このようにM&Aを実施した後で、対象会社の問題に気づき、不当に高額な金額でM&...
池内 満

弁護士池内 満
ベリーベスト法律事務所

2019年9月25日
企業法務M&A
アーンアウト条項 (Earn out Clause)-M&Aや投...
皆さん経験されているように、M&Aや投資案件の交渉で最ももめるのが買収価格であり、また、当事者にとって最も重要な決定事項であり、最大の取引決裂要因(deal killer)でもあります。 今回は、高い買い物をしてしまうというリスクを回避しながら、売主側と買主側との企業評価、つまり買収価格に大きな開きがある場合でも取引を成立させることができる条項を紹介したいと思います。 1.企業価値の算...
斜木 裕二

弁護士斜木 裕二
ベリーベスト法律事務所

2019年7月29日
企業法務M&A
M&Aの失敗を阻止!〜法務DDの重要性〜
1.はじめに M&Aを実施する場合、買主は対象会社に対してデューデリジェンス(以下「DD」といいます。)を実施するのが一般的です。 しかし、法務DDに多額のコストをかけることに疑問をお持ちの方や法務DDを不要だと考える方もいらっしゃるかもしれません。 確かに、一般にDDは時間やリソースの制約があり、対象会社を完全に調査することは現実的に不可能であるといわれています。 すなわち、...
池内 満

弁護士池内 満
ベリーベスト法律事務所

2019年6月24日
企業法務M&A
M&Aを活用した成長戦略~飲食業~
飲食業では、新規開業の個人事業主から、全国に多数店舗を出店している大企業まで、M&Aを積極的に活用している企業が多々存在しています。 効率的に店舗を増やし成長を続ける方法として、事例を交えて解説させていただきます。 1.飲食業界におけるM&A (1)飲食業界の市場動向 飲食店の市場規模は、平成9年の29.1兆円をピークとし、平成28年に25.4兆円まで減少しました。 その後は...
石毛 孝一

弁護士石毛 孝一
ベリーベスト法律事務所

2019年6月11日
企業法務M&A
M&Aを成功させるために!リスク回避のためのM&Aの流れを弁護士...
M&Aは、企業の売買や事業の一部の売買など、様々な方法があります。M&Aの手続きの流れは法律上特に決まりはありません。 しかし、M&Aには多額の費用がかかるうえ、様々なリスクが伴います。 今回はこのようなリスクを回避するためにとるべきM&Aの流れと、M&Aに通常かかる費用・期間について解説していきます。 1.M&Aの流れ M&Aの流れはどのようなものになるのでしょうか。 ...
藜園 泰斗

弁護士藜園 泰斗
ベリーベスト法律事務所

2019年6月11日
企業法務M&A
M&Aにおけるリスクと法務DD
1.法務DDを実施する意味~法務DDを実施しないことにより発生するリスク~ (1)買収が無効となり、または撤回すべきレベルのリスク 一定のコストをかけてまで法務DDを実施する意味はどこにあるのか。 まずはこの点を、逆の視点で、法務DDを実施しないことにより発生するリスクとしてご説明します。 ①株式の譲渡が無効 株式譲渡による企業買収を検討している場合、当然、真実の株主から譲渡...
亀井 俊裕

弁護士亀井 俊裕
ベリーベスト法律事務所

2019年5月23日

記事を検索

↑ページの先頭へ
無料で電話問い合わせをする
0120-538-016