ベリーベスト法律事務所がお届けする企業法務に関する法律情報メディア

お問い合わせ

【公式】リーガルモールビズ|ベリーベスト法律事務所がお届けする企業法務メディア2021年

年: 2021年に関する記事

1〜10件を表示 (全件)
人事労務
企業が外国人を雇用する上での法的留意点
1.今後減少していく労働力人口~外国人材活用の必要性~ 労働力の確保に関する話題は、毎年ニュースになっています。 定年の引き上げによる高齢者の雇用維持や、女性の社会進出の促進も、国家による労働政策という観点で言えば、労働力の確保が目的です。 そして、そのような政策の結果として、少なくとも2020年代前半までは、労働力人口の増加が続くとも予測されていました。 しかし、直近の総務省による労働力...
杉山 大介

弁護士杉山 大介
ベリーベスト法律事務所

2021年9月15日
改正民法
賃貸借契約書の条項の意味は?弁護士が分かりやすく解説
1.賃貸借契約の概要と改正点 (1)適用される法令 ①民法 ア 賃貸借契約は、私たちにとって身近な契約です。部屋を借りる、土地を借りて家を建てる、車を借りて行楽するなど、私たちの生活にとっては欠かせません。 賃貸借契約は、私たち市民の法律関係を規律する民法の中に規定されています。民法の条項は賃貸借契約の一般的な効力や決まりを定めています。 イ 民法(以下、改正後民法を「改正後...
石川 賢樹

弁護士石川 賢樹
ベリーベスト法律事務所

2021年8月2日
改正民法
会社法改正―【社外取締役活用等に向けた規律の見直し】
1.はじめに 2019年(令和元年)12月11日、改正会社法(以下「改正法」といいます。)が公布されました。 また、改正法は、株主総会資料の電子提供制度に関するものを除き、2021年(令和3年)3月1日に施行されました。 なお、今回の会社法改正では、複数の改正点の中でも、コーポレート・ガバナンスの観点からは、取締役に関するルールの見直しがなされたことが、最も重要な改正内容といえます。...
鷲塚  建弥

弁護士鷲塚  建弥
ベリーベスト法律事務所

2021年7月16日
改正民法
システム開発契約とは|システム開発契約の基本と契約書作成上のポイ...
1.はじめに 現在、業務そのものに変革をもたらすとともに、現代のビジネス環境をとりまく激しい変化に対応し、自社の競争力を高めるデジタル技術の活用、いわゆる「デジタルトランスフォーメーション」(DX)が注目を集めています。 そこで、今回はDXの根幹を成すといっても過言ではないシステム開発の基本とシステム開発契約書作成上のポイントについてご紹介します。 2.システム開発契約とは (1)...
大黒 凌

弁護士大黒 凌
ベリーベスト法律事務所

2021年6月22日
各種契約
投資契約の概要とその必要性~初めての投資契約締結をご検討されてい...
1.はじめに スタートアップ企業が第三者から投資を受ける場合には、知人や個人投資家から投資を受ける場合のほか、ベンチャーキャピタル[1](以下「VC」)から投資を受ける場合もあるかと思われます。 知人から投資を受ける場合であれば、従前からの人間関係ゆえ、投資契約を締結しないこともあるかと思います。 しかし、VCからの投資を受ける場合には、投資契約の締結を求められることとなります。 多忙...
高橋 敬太郎

弁護士高橋 敬太郎
ベリーベスト法律事務所

2021年4月30日
改正民法
企業間取引で気を付けるべき保証(民法)の改正ポイントを弁護士が解...
1.はじめに 2020年4月1日に改正民法が施行されました。 今回の改正は、明治29年の民法制定以来の大幅な改正です。 本記事では、今回なされた改正の中でも、企業間取引において、考慮が必要となる場面が多い保証契約について、保証と連帯保証の違いを含め、保証締結時や締結後に特に注意すべき改正のポイントをまとめています。 ご覧いただいた方の一助となれば幸いです。 なお今回の改正において...
倉内 怜

弁護士倉内 怜
ベリーベスト法律事務所

2021年4月10日
各種契約
建築請負契約作成のポイントについて解説 ~ 民法改正を踏まえて
1.はじめに 皆様もご存知の通り、改正民法が2020年4月1日に施行されました。 本稿では、建築請負契約書に関連する民法改正の内容を中心に解説します。 2.建築請負契約書の必要性 改正民法において、契約の方式は自由とされています(改正民法522条2項)。 しかし、建設業法上、建設工事請負契約については、署名又は記名押印され、一定の事項が記載された契約書を作成することが必要とされています(...
ベリーベスト 法律事務所弁護士編集部

ベリーベスト 法律事務所弁護士編集部

2021年3月11日
人事労務
裁判例からみる残業代の支払義務のない管理職の判断要素
1.はじめに 多くの企業では、一定以上の役職のある労働者を「管理職」と扱い、管理職手当、役職手当等の手当を支払う一方で、残業代を支払わないという扱いをしていると思われます。 しかしながら、企業が管理職と扱っていても、法律上、残業代の支払い義務を負う可能性があり、裁判所や労働基準監督署によってそのように判断された場合には、企業は思いもよらない支出を余儀なくされることになります。 今回は、労...
池内 満

弁護士池内 満
ベリーベスト法律事務所

2021年2月26日
知的財産
令和2年著作権法改正について弁護士が解説(詳細版)②
1.はじめに 本稿では、令和2年著作権法改正について弁護士が解説(詳細版)①に続き、令和2年6月12日に公布された「著作権法及びプログラムの著作権に係る登録の特例に関する法律の一部を改正する法律」(令和2年法律第48号)における下記の改正点のうち、同年10月1日に施行に至った改正内容を除く他の改正点即ち侵害コンテンツのダウンロード違法化、著作権侵害訴訟における証拠収集手続の強化、アクセスコントロ...
折田 忠仁

弁護士折田 忠仁
ベリーベスト法律事務所

2021年2月23日
知的財産
令和2年著作権法改正について弁護士が解説(詳細版)①
1.はじめに 「著作権法及びプログラムの著作権に係る登録の特例に関する法律の一部を改正する法律」は、令和2年5月26日に衆議院で、6月5日に参議院でそれぞれ可決され、同月12日に公布されました(令和2年法律第48号)。 施行日は、改正の内容によって異なり、以下のとおりです。 本稿では、「著作権法」を単に「法」と、「プログラムの著作権に係る登録の特例に関する法律」を「プログラム登録特例法」...
折田 忠仁

弁護士折田 忠仁
ベリーベスト法律事務所

2021年2月23日

記事を検索

↑ページの先頭へ
0120-538-016
0120-538-016