ベリーベスト法律事務所がお届けする企業法務に関する法律情報メディア

お問い合わせ

公益通報とは何か|公益通報への事業者の対応に関する基礎知識ガイド

2020年5月1日

公益通報者保護法をご存じでしょうか。 この法律は、企業内において法令違反行為の防止に役立つ通報制度(いわゆる内部通報制度)を促進するために定められたものであり、この制度を考慮した規程や環境を構築することで、労働者による通報を促せるため、クリーンな企業運営が期待できます。しかし、どのように制度を構築していけばいいのか、また、そもそもどのように制度を導入すればいいのか悩まれている方もいらっしゃるかもしれません。 そこで今回は、公益通報者保護法について、特に、どのようなものが公益通報に該当するか、公益通報者の保護内容及び公益通報に関して事業者が行うべき対応について詳しく解説します。

公益通報とは何か|公益通報への事業者の対応に関する基礎知識ガイド

目次

  1. 公益通報、公益通報者保護法とは
  2. 事業者の意義
  3. 公益通報に該当する要件
  4. 公益通報者の保護の内容
  5. 公益通報の相談例及び相談先
  6. 事業者が取り組むべきこと
  7. まとめ
- 監修者 -
ベリーベスト 法律事務所弁護士編集部
ベリーべスト法律事務所に所属し、企業法務分野に注力している弁護士です。ベリーベスト法律事務所は、弁護士、税理士、弁理士、司法書士、社会保険労務士、中国弁護士(律師)、それぞれの専門分野を活かし、クオリティーの高いリーガルサービスの提供を全国に提供している専門家の集団。中国、ミャンマーをはじめとする海外拠点、世界各国の有力な専門家とのネットワークを生かしてボーダレスに問題解決を行うことができることも特徴のひとつ。依頼者様の抱える問題に応じて編成した専門家チームが、「お客様の最高のパートナーでありたい。」という理念を胸に、所員一丸となってひたむきにお客様の問題解決に取り組んでいる。
↑ページの先頭へ