ベリーベスト法律事務所がお届けする企業法務に関する法律情報メディア

お問い合わせ

リーガルモールビズ改正民法

改正民法に関する記事

1〜10件を表示 (全7件)
改正民法
民法改正の新規定「定型約款」について、要件や具体例などを解説!
1. はじめに 平成29年6月2日に公布された民法の改正法が、令和2年4月1日から施行されました。 今回は、改正民法で新たに規定されることとなった「定型約款」について、定型約款とは何か、どのようなものが定型約款に該当するのか、定型約款に該当するとどうなるのかについて、解説していきます。 なお、定型約款に関する改正条文については、最後にまとめて掲載していますので、そちらをご参照ください...
荒永 知大

弁護士荒永 知大
ベリーベスト法律事務所

2020年5月19日
改正民法
民法改正4月1日より施行|危険負担に関する契約上の注意点
1.はじめに 平成29年6月2日に公布された民法の改正法が、令和2年4月1日から施行されました。 今回は、売買等、当事者双方が債務を負う双務契約で広く問題となる危険負担について、改正点を踏まえて解説します。 2.危険負担 (1)危険負担とは? 危険負担とは、売買等の双務契約が成立した後に、一方の債務が債務者の責めに帰することができない事由で目的物が滅失・毀損等してしまったことにより履...
若狹 慶太

弁護士若狹 慶太
ベリーベスト法律事務所

2020年4月24日
改正民法
製造委託契約書の見直し条項 「債権法改正を踏まえて」
1.はじめに 改正民法(改正債権法)が2020年4月1日ついに施行されました。この改正により、特に、諸々の契約に適用される債権総則及び契約総則の内容が、大幅に改められています。 本記事では、まず製造委託契約の意義について触れた上で、危険負担や担保責任等に関してなされた民法の改正が、製造委託契約に与えるであろう影響について解説します。 2.製造委託契約とは 製造委託契約とは、受託者が委託...
下地 寛隆

弁護士下地 寛隆
ベリーベスト法律事務所

2020年4月20日
改正民法
改正民法~法定利率に関する大幅な見直し
法定利率に関する改正は、市民生活や取引社会に大きな影響があります!!  1.改正の概要 利息を算定するための割合のことを利率といいます。 この利率には、法定利率と約定利率があります。法定利率とは、法律によって利率が決められている場合のことをいい、約定利率とは、当事者間の合意によって利率を決める場合のことをいいます。 今回、法定利率に関する大幅な改正がありました。 まずは、その概要をみ...
野澤 孝有

弁護士野澤 孝有
ベリーベスト法律事務所

2020年4月17日
改正民法
民法改正4月1日より施行|利息・期限前返済に関する契約の注意点
1.はじめに 平成29年6月2日に公布された民法の改正法が、2020年4月1日からの施行間近となっています。 今回は、消費貸借契約における、利息について、また、期限前返済に関するルールと契約の際の注意点について解説します。   2.利息 (1)利息とは? 約定利息 当事者間の契約等により発生する利息 法定利息 法律の規定により発生する利息 ...
三木 悠希裕

弁護士三木 悠希裕
ベリーベスト法律事務所

2020年2月6日
改正民法
民法改正で新設された諾成的消費貸借契約の契約書作成の注意点
平成29年6月2日に公布された民法の改正法が、いよいよ2020年4月1日から施行されます。 ここでは、改正された契約類型の一つである消費貸借契約について解説します。 第1回は、消費貸借契約の中で、新たに定められた諾成的消費貸借契約について、その内容と契約書作成の際の注意点について解説します。   1.通常の消費貸借契約と諾成的消費貸借契約の違い 消費貸借契約 ...
三木 悠希裕

弁護士三木 悠希裕
ベリーベスト法律事務所

2019年12月16日
改正民法
取引基本契約における債務不履行による損害賠償について解説 ~ 債...
1.はじめに 改正民法(改正債権法)は2020年4月1日に施行されることが決まっています。 民法改正(債権法改正)により、とりわけ、諸々の契約類型に一般的に適用される債権総則及び契約総則が大幅に改正されました。 本記事では、企業間でなされる取引基本契約に対して民法改正(債権法改正)が与える影響につきまして、まず取引基本契約の意義について触れた上で、契約の履行遅滞その他の債務不履行による損...
宇井 秀和

弁護士宇井 秀和
ベリーベスト法律事務所

2019年11月25日

記事を検索

↑ページの先頭へ
無料で電話問い合わせをする
0120-538-016