ベリーベスト法律事務所がお届けする企業法務に関する法律情報メディア

お問い合わせ

リーガルモールビズ改正民法

改正民法に関する記事

1〜10件を表示 (全17件)
改正民法
企業間取引で気を付けるべき保証(民法)の改正ポイントを弁護士が解...
1.はじめに 2020年4月1日に改正民法が施行されました。 今回の改正は、明治29年の民法制定以来の大幅な改正です。 本記事では、今回なされた改正の中でも、企業間取引において、考慮が必要となる場面が多い保証契約について、保証と連帯保証の違いを含め、保証締結時や締結後に特に注意すべき改正のポイントをまとめています。 ご覧いただいた方の一助となれば幸いです。 なお今回の改正において...
倉内 怜

弁護士倉内 怜
ベリーベスト法律事務所

2021年4月10日
改正民法
令和2年著作権法改正について弁護士が解説(要旨版)
1.はじめに 令和2年6月5日に「著作権法及びプログラムの著作物に係る登録の特例に関する法律の一部を改正する法律」が成立し、著作権法等が改正されました(公布日:同年6月12日)。 今回の改正の目玉は、海賊版コンテンツ対策ですが、その他にも、実務に大きな影響を及ぼすような改正点が含まれています。 以下では改正の内容について、説明していきます。 2.海賊版コンテンツ対策 施行期日:リ...
安倍 悠輔

弁護士安倍 悠輔
ベリーベスト法律事務所

2021年1月29日
改正民法
改正民法と運送契約|定型約款の導入が与える影響とは
1.  はじめに 平成29年5月26日、民法の一部を改正する法律(平成29年法律第44号)が成立し、同年6月2日に公布されました。 民法は、私人間の法律関係を幅広く規律している民事の基本法ですが、債権関係の規定については、明治29年に同法が制定されて以降、約120年間今回のような大改正はありませんでした。 現在の社会・経済は当然120年前と大きく異なるため、現在の社会・経済への対応を図るとい...
堀内 平良

弁護士堀内 平良
ベリーベスト法律事務所

2020年10月20日
改正民法
民法改正に伴う不動産売買契約書作成時の注意点
1.はじめに 改正民法は、2020年4月1日に施行されました。 民法改正(債権法改正)により、とりわけ、諸々の契約類型に一般的に適用される債権総則及び契約総則が大幅に改正されました。 本記事では、企業間でなされる不動産売買契約に対して民法改正(債権法改正)が与える影響について、まず不動産売買契約書の意義について触れた上で、現行の危険負担や瑕疵担保責任及び契約の履行遅滞その他の債務不履行に...
若狹 慶太

弁護士若狹 慶太
ベリーベスト法律事務所

2020年10月12日
改正民法
特許侵害訴訟における査証制度-特許法改正を踏まえて―
特許法の一部を改正する法律が、令和元年5月17日に公布され、令和2年4月1日から一部を除き施行されています。 今回の改正では、 査証制度の創設 損害賠償算定方法の見直し が、主要な改正点です。 本稿では、令和2年10月1日から施行される査証制度について、詳しく解説します。なお、本稿では、別段の表記がない限り、「法」は特許法を意味します。 1.制度創設の経緯 ま...
松元 敬一

弁護士松元 敬一
ベリーベスト法律事務所

2020年10月2日
改正民法
債権者の味方、詐害行為取消権についておさえておくべきポイント~債...
1.はじめに 令和元年(2020年)4月1日、ついに改正民法(債権法)が施行されました。 明治時代に民法が制定されてから、実に約120年ぶりの大改正です。 この時代の変化に見合った債権法の大改正により、私達の日常を取り巻く債権関係は大きく変わります。 ここでは、この大改正が私達の暮らしにどのような影響を及ぼすのか、詐害行為取消権に絞って、具体例とともに解説していきます。 なお...
齊田 貴士

弁護士齊田 貴士
ベリーベスト法律事務所

2020年8月25日
改正民法
債務不履行に基づく解除(契約解除)|民法改正について弁護士が解説
皆様はこれまで、取引相手と契約を締結したものの、期限を過ぎても債務の履行がされなかったり、債務が一部しか履行されなかったり、トラブルによって債務の履行が期待できなくなったりといった経験がありませんか。 契約を解除したいと思ったとき、取引相手が契約解除に合意してくれればいいのですが、契約継続を望んでいたり、なんら反応を見せてくれなかったりするなど、一向に契約解除に合意できない場合はどうすればよ...
吉田 万里菜

弁護士吉田 万里菜
ベリーベスト法律事務所

2020年6月30日
改正民法
債権譲渡と債務引受に関する民法改正の内容と実務への影響
令和2年4月1日、ついに改正民法が施行されました。 今回は債権法の分野の改正ということで、企業の皆様の取引に大きな影響があるところです。 改正の対象となった債権譲渡及び債務引受も、商法に規定がありませんし、明確な商慣習もないようですから、商人である企業に適用されることになります(商法1条2項)[1]。 本稿では、この債権譲渡と債務引受をめぐる改正について、改正の概要と実務への影響を解説いたし...
鈴木 正之

弁護士鈴木 正之
ベリーベスト法律事務所

2020年6月15日
改正民法
改正民法について解説~意思能力・意思表示編~
1.はじめに 令和2年4月1日、改正民法が施行されました。 本稿は、改正民法のうち、意思能力及び意思表示の部分について、主な改正のポイントと実務への影響について整理するものです。 2.意思能力及び意思表示とは 意思能力とは、行為の結果を判断するに足りるだけの能力をいいます。 また、意思表示とは、契約の申込みのように、一定の法律効果を欲する意思を表示する行為をいいます。 この意思...
井上 瞳

弁護士井上 瞳
ベリーベスト法律事務所

2020年6月11日
改正民法
民法改正による消滅時効制度の変更点について弁護士が分かりやすく解...
1. はじめに 改正後民法(以下「新法」といいます)は、消滅時効の時効期間及び起算点、時効障害事由について、大きく制度を変更しました。 本稿では、令和2年4月1日に施行された新法について、変更事項と改正による影響について解説いたします。 事実関係によって新法と改正前民法(以下「旧法」といいます)のどちらの適用がされるかについては、8.経過措置において解説いたします。 2. 消滅時効とは ...
八子 裕介

弁護士八子 裕介
ベリーベスト法律事務所

2020年5月31日

記事を検索

↑ページの先頭へ
月額たった3,980円〜
顧問契約!
0120-538-016
0120-538-016
月額たった3,980円〜顧問契約!