ベリーベスト法律事務所がお届けする企業法務に関する法律情報メディア

お問い合わせ

リーガルモールビズコンプライアンス・リスクマネジメント

コンプライアンス・リスクマネジメントに関する記事

1〜10件を表示 (全4件)
コンプライアンス・リスクマネジメント
個人情報保護法2020年改正における実務上留意すべき重要点を解説
1.はじめに 2020年3月10日に第201回通常国会に提出された「個人情報の保護に関する法律等の一部を改正する法律案」は、同年6月5日の国会において可決、成立し、6月12日、公布されました。 個人情報の保護に関する法律等の一部を改正する法律(以下、同法により改正された個人情報の保護に関する法律を「改正法」という。)の施行は、一部を除き公布後2年以内です。 以下、改正法の概要及び実務上留...
ベリーベスト 法律事務所弁護士編集部

ベリーベスト 法律事務所弁護士編集部

2020年6月30日
コンプライアンス・リスクマネジメント
非上場企業でも粉飾決算は起こり得る|粉飾決算の背景と法的責任
1.非上場企業でも粉飾決算は起こり得る 粉飾決算と聞くとどのような事件を想像されるでしょうか。 テレビや新聞などでの報道で取り上げられるような粉飾決算は、多くの場合上場企業において起きたものです。 しかし、粉飾決算は上場企業だけで起きるものではありません。 東京商工リサーチが2019年11月11日に発表した調査によると、2019年1月から10月までの間に、粉飾決算を一因として倒産した事例は...
森田 雄介

弁護士・公認会計士森田 雄介
ベリーベスト法律事務所

2020年2月3日
コンプライアンス・リスクマネジメント
仕事上付き合いのある公務員から賄賂を要求されたら、どうしますか?...
1.普通の会社が、公務員によって犯罪に巻き込まれる? (1) 行政官庁や議会議員などの公務員による犯罪行為 我が国には多種多様な数多くの会社があり、その業務内容や業態も様々ですが、公共工事の入札や許認可などを含め、多かれ少なかれ、何らかの形で行政官庁などの公務員との関わりがあると思われます。 そのような中で、ほとんどの公務員は適正に職務を行っていると思いますが、私の検察官時代の経験か...
岡山 賢吾

弁護士岡山 賢吾
ベリーベスト法律事務所

2019年11月28日
コンプライアンス・リスクマネジメント
会社資金のプール - やり方次第では、取り返しのつかないことに
会社経営に関する日々の業務の中では、さまざまな理由から、ある程度の資金をプールする必要が生じ、それを実行している会社も多数あろうかと思います。 しかし、資金のプールも、その方法や使いみちによっては、犯罪に関連する裏金として、刑事処罰の対象となる「犯罪」として検挙される可能性がある場合もあります。 また、一旦犯罪として検挙され、捜査等が開始されると、会社自体や会社関係者には多大な負担が生じま...
岡山 賢吾

弁護士岡山 賢吾
ベリーベスト法律事務所

2019年5月23日

記事を検索

↑ページの先頭へ
無料で電話問い合わせをする
0120-538-016