ベリーベスト法律事務所がお届けする企業法務に関する法律情報メディア

お問い合わせ

リーガルモールビズ弁護士等一覧

弁護士等一覧

折田忠仁
弁護士折田 忠仁
ベリーベスト法律事務所パートナー。1986年に早稲田大学法学部を卒業し、同年司法試験合格。1989年に最高裁判所司法研修所修了後、主に知財案件を扱う特許法律事務所に入所。1994年に米国ロースクールに留学し、LL.M.修了。1995年にNY州司法試験に合格し、同年NY州弁護士登録。帰国後、米国法律事務所との外国法共同事業事務所、大手渉外事務所を経て、2018年9月にベリーベスト法律事務所に参画。帰国以来、外国企業との商取引、内国企業による外国企業及び外国企業による内国企業の買収、外国企業と内国企業との合弁事業の組成・解消等に係る契約審査を中心に、国内一般民商事案件や内外紛争案件も加え、幅広い経験を積んでおります。
斜木裕二
弁護士斜木 裕二
国際法律事務所、大手メーカー等の法務責任者を経て、2018年ベリーベスト法律事務所に入所。国際カルテルなどの競争法、国際・国内商取引一般、M&A, JV会社設立等の国際投資案件、グローバルでのグループ子会社の法務体制やコンプライアンス体制、危機管理体制の構築などを手掛る。
江﨑裕久
弁護士江﨑 裕久
早稲田大学法学部卒業・青山学院大学法務研究科(法科大学院)修了。大手電機メーカー知的財産部、外務省(条約締結作業に参画)での勤務 、法律事務所勤務を経てベリーベスト法律事務所に入所。企業、官庁、法律事務所の多様なバックグラウンドと、外務省での経済連携協定の交渉やドイツへの留学等の国際的経験を持つ。企業法務一般を取扱い、特に、知的財産関係・国際取引・契約交渉を得意とする。モットーは、法的な観点だけではなく、ビジネス・コスト感覚を持ち、交渉等最適な手段によって依頼者のリスクをヘッジすること。
額尓敦畢力格(Eredon Bilig)
中国律師(中国弁護士)
額尓敦畢力格 (Eredon Bilig)
ベリーベスト法律事務所中国弁護士。内蒙古大学法学部卒業。東京学芸大学外国人研究生修了。東京学芸大学大学院修士課程卒業。一橋大学大学院法学研究科博士課程(法学博士)卒業。国立台湾大学にて在外研究。対応言語はモンゴル語、中国語、日本語。近年、日本と中国間の交流はさまざまな分野でかつてないほど盛に。良質な法務サービスの提供を通じて、日中両国の交流に貢献したい。そのような気持ちで日々、中国法務に取り組んでいる。
升村紀章
弁護士升村 紀章
慶應義塾大学法学部法律学科を卒業後、東証一部上場企業(メーカー)、外資系金融機関の法務担当者等として勤務。司法修習修了後、企業法務を中心に取り扱う法律事務所での勤務を経て、2017年7月ベリーベスト法律事務所に入所。M&A、金融法務、租税訴訟から離婚、相続紛争まで幅広い経験を積みつつ、近年はIT法務、知財法務(著作権・商標権)、会社組織再編を中心に手掛ける。
水野奈也
弁護士水野 奈也
明治大学法学部卒業。検察官として約2年半勤務した後、都内法律事務所にて、使用者側代理人として労基署対応・組合対応・労働審判(訴訟)対応等労働事件を中心に、契約審査等の企業法務、離婚事件等の経験を積み、2019年4月にベリーベスト法律事務所に入所。
伊藤蔵人
弁護士伊藤 蔵人
早稲田大学法学部卒業後,平成 14 年 4 月日本銀行入行。総合職職員として, 金融機関に対する検査監督,景気動向分析,行内規程整備等を担当。平成 22 年 3 月慶應義塾大学大学院法務研究科修了後,同年 9 月司法試験合格,平成 23 年 12 月弁護士登録。弁護士登録後は,中堅・中小企業法務(法律顧問業務 から企業内外の紛争処理まで)を中核として,一般民事事件,家事事件,刑事 事件など幅広い業務を手掛ける。
吉田広明
行政書士吉田 広明
専修大学商業学科卒業のちITデバイス系専門商社に勤務後行政書士試験合格後開業のちベリーベスト法律事務所入所。貿易とITソリューションの営業の経験から国内外のお客様のビジネスサポートを行っております。経験業務としては在留資格の取得、様々な営業上の許認可(建設業、医療法人設立等)
岡山賢吾
弁護士岡山 賢吾
司法試験合格後検事となり,以後21年間にわたり,東京地検,大阪 地検,名古屋地検などの刑事部,特別刑事部,公判部,特別公判部 などで捜査・公判等に従事。その間,東京地検刑事部方面キャップ,宇都 宮地検三席,札幌地検小樽支部長などのほか,法務省法務総合研究所 研修1部教官として,検事研修の教官も務める。2018年4月に弁護 士となり,ベリーベスト法律事務所に入所。
亀井俊裕
弁護士亀井 俊裕
ベリーベスト法律事務所所属。慶應義塾大学経済学部卒業。司法試験合格後、第一東京弁護士会に所属し、都内中規模事務所において企業法務、倒産事件を中心に経験し、2015年より現事務所。国内、国外企業の商取引(国外は中国を含むアジア、欧米など)、M&Aに関するアドバイスのほか、多数の紛争案件に関与し、交渉、訴訟など紛争案件に関するアドバイス、代理人対応を得意とする。
長谷川裕史
弁護士長谷川 裕史
ベリーベスト法律事務所パートナー。1995年慶應義塾大学法学部を卒業し、同年司法試験合格。1997年慶應義塾大学大学院法学研究科修士課程修了後、最高裁判所司法研修所に入所。1999年司法修習修了後、2002年までキャピタルマーケッツ法務を中心に扱う法律事務所に在籍。その後慶應義塾大学大学院経営管理研究科(慶應ビジネススクール)にて経営を学び、2004年修士(MBA)取得。東証一部上場会社の法務担当部長を経て、2005年2月から2018年までキャラクターコンテンツ会社にて勤務。順次、経営企画・海外事業・ライセンス・商品・人事・システムの部署長となる一方、2006年から2013年にかけては同社の韓国法人を設立し、理事及び代表理事として現地駐在。2018年2月にベリーベスト法律事務所に参画。ビジネス経験を生かして企業法務中心に従事。事業承継案件は、年間30件以上を担当しています。
石毛孝一
弁護士石毛 孝一
コンサルティングファーム勤務後に起業。約9年の会社経営の後、中央大学法務研究科を経て、2018年ベリーベスト法律事務所に入所。 自らの会社経営経験を活かした中小企業法務、M&A、労働事件の他、建築紛争、破産事件、インターネット紛争、医療過誤事件に特に注力しつつ、広く一般民事事件にも取り組んでいます。
池内満
弁護士池内 満
法政大学法学部卒業・首都大学東京社会科学研究科(法科大学院)修了。ベリーベスト法律事務所に入所後、契約書レビュー等の一般企業法務や債権回収等の一般民事事件・労働事件・家事事件と業務内容を問わず、予防法務及び紛争解決に広く関与。国際紛争にも関心を持っています。訴訟リスクに対するアドバイスの他、依頼者様のビジネスの内容や行政への対応、取引先等との関係も踏まえ、将来を予測した総合的なアドバイスをするよう心掛けています。
馬欣
中国律師(中国弁護士)
馬 欣(Ma Xin)
ベリーベスト法律事務所中国弁護士。弁護士登録後、中国国内訴訟案件、日本企業の対中投資や中国法人のM&A、中国現地法人への法務教育、日本から知財などのライセンスに関する法務、規制業務の認可法制度の調査等の業務を携わってきました。今後、今まで学んだ知識や経験を活かし、実務に迅速かつ高度なリーガルサービスの提供をモットーに、「役に立つ」中国法弁護士を目指して日々研鑽に努めていく所存です。
タイタノ誠
外国法事務弁護士(カリフォルニア州法、ハワイ州法)
タイタノ 誠
はじめまして。 外国法事務弁護士(カリフォルニア州法、ハワイ州法)のタイタノ誠と申します。 2007年にアメリカ合衆国グアムで弁護士として登録後、アメリカ合衆国の北マリアナ諸島、カリフォルニア州、及びハワイ州の資格を取得しました。 今まで米国では主に中小企業の企業法務、特に米国の労務問題及びベンチャーキャピタル投資に注力してきました。 それ以外にも米国の民事訴訟や一般民事の経験もございます。 日本語及び英語はどちらもネイティブでの会話及び読み書きができます。 米国での弁護士経験及び言語能力を生かし、最善を尽くしてまいります。
児玉道一
弁理士児玉 道一
特許業務法人ベリーベスト国際特許事務所の代表弁理士。 都内法律事務所にて、10年近くパラリーガルとして知的財産に関する案件を担当。 その後、弁理士としてベリーベスト法律事務所に入所し、2016年6月特許業務法人ベリーベスト国際特許事務所を開設、代表弁理士に就任。 2014年4月~2016年3月まで日本弁理士会研修所の運営委員、2016年4月~2017年3月まで日本弁理士会貿易円滑化対策委員。 特許、意匠、商標等の知的財産に関する案件を数多く手がける。
福田匡剛
弁護士福田 匡剛
早稲田大学法学部卒業、早稲田大学大学院法務研究科(ロースクール)修了、離婚事件・労働・刑事事件、を中心に一般民事系の経験が多いが、近年は知的財産(商標権、著作権など)・事業承継・債権回収・契約書のリーガルチェックその他企業法務も広く手掛ける。

記事を検索

人気記事

↑ページの先頭へ