ベリーベスト法律事務所がお届けする企業法務に関する法律情報メディア

お問い合わせ

リーガルモールビズ英文契約英文契約解説~Recitals~
弁護士の相談随時受付中
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には
弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
電話受付時間:平日9:30〜21:00・土日祝9:30〜18:00

英文契約解説~Recitals~

2020年7月30日
英文契約解説~Recitals~

1.Recitals(リサイタルズ)とは

英文契約の冒頭で、しばしば下記例のようにWhereas, ……との記述が羅列されることがあります。
これをWhereas clauseとか Recitalsといい、Recitalsは「前文」又は「序文」と訳されることが多いかと思います。

なお、WhereasやRecitalsの標題として置かれることのあるWITNESSETHは今では古めかしい用語と考えられており、使わない契約書も散見されますし、WhereasやWITNESSETHは日本語に訳し難いこともあるので、筆者個人としてはこれらを使わない方が好ましいと感じます。

以下、Recitalsの一例を示します。

Whereas, Company is a successful automobile manufacturing company doing business in the State of California.
(Companyは、カリフォルニア州で事業を行い成功を収めている車両製造会社である。)…①

Whereas, Subsidiary is a wholly owned subsidiary of Company established as a supplier of certain automobile parts for Company and now wishes to expand its manufacturing facilities.
(Subsidiaryは、Companyのために車両の特定の部品を供給するために設立されたCompanyの100%子会社であり、現在その製造設備の拡張を望んでいる。)…②

Whereas, Bank is one of the renowned banks doing business in the State of New York.
(Bankは、ニューヨーク州で事業を行っている高名な銀行の一つである。)…③

Whereas, Subsidiary wants a loan from Bank to expand its manufacturing facilities.
(Subsidiaryは、その製造設備の拡張のためにBankからの融資を望んでいる。)…④

Whereas, Bank is willing to lend funds to Subsidiary for such purpose only if Company guarantees the debt.
(Bankは、Companyが債務保証をするのであれば、当該目的のためにSubsidiaryに貸付けを行う用意がある。)…⑤

Whereas, Company is willing to guarantee Bank’s loan to Subsidiary.
(Companyは、BankのSubsidiaryに対する融資の保証をする用意がある。)…⑥

Whereas, concurrently with an entry into this guarantee agreement between Company and Bank, Bank and Subsidiary are entering into a loan agreement.
(CompanyとBank間で本保証契約を締結するのと同時に、BankとSubsidiaryは融資契約を締結する。)…⑦

Whereas, each of Company and Bank was represented by counsel, had ample opportunity to review this guarantee agreement, and is not relying on any representation made by the other party other than those contained herein.
(CompanyとBankはそれぞれ代理人弁護士を有し、本保証契約を検討する十分な機会を持ち、また、本契約に明記される他方当事者による表明以外のいかなる表明にも依拠していない。)…⑧

NOW THEREFORE, in consideration of the premises and mutual promises contained herein, Company and Bank agree as follows:
(以上の次第で、本契約に記載される本契約の前提及び相互の約定を約因として、CompanyとBankは、以下のとおり合意する。)

2.Recitalsの分類

Recitalsは、以下の三種に分類できます。

(1)Context Recitals(背景)

契約当事者の情報や契約に至るまでの背景事情に関する記述です。
典型的には、契約当事者間の関係、契約当事者が営んでいる事業、契約当事者間で以前に実行された取引等を描写するものです。
上記の例の①~③及び⑧がこれに該当します。

(2)Purpose Recitals(目的)

契約当事者がこの契約で何を達成したいのかを簡潔かつ大まかに記載しているものです。
上記の例の④~⑥がこれに該当します。

(3)Simultaneous-transaction Recitals(同時並行取引)

対象の契約が全体の取引の一部である場合、対象の契約の締結と同時に発生する他の取引要素について記述するものです。上記の例の⑦がこれに該当します。

3.Recitalsの要否

Recitalsは必要なのでしょうか。

米国では、全ての州ではありませんが、大半の州でRecitalsには法的意義はないとされています。
ですから、Recitalsの部分には、そもそも契約当事者の権利義務について記載すべきではないし、記載したとしても、Recitalsの記載を根拠に契約上の権利義務を強制することはできないと考えられています。

また、上記の例のとおり、in consideration of …と明記したとしても、それで実際に約因が存在すると認定されたり推定されたりすることはなく、契約当事者は、実際には約因を欠いていることを立証することができます。

従いまして、Recitalsは必ずしも必要ではなく、Recitalsを省略しても法的には何ら問題ありません。

4.Recitalsの存在意義

それでは、何故にしばしばRecitalsが記載されるのでしょうか。
実際、M&A取引を含む複雑な契約では、長々とRecitalsが羅列されることが通常であり、Recitalsを欠くことはまずありません。

それが伝統であるということはもちろんあるでしょうが、それはさておき、実質的な理由としては、とりわけ複雑な契約においては、契約当事者や契約起草者以外の人物(例えば裁判官)が契約書に接したときに、誰がどのような理由や経緯で契約締結に至ったのかを手っ取り早く知ることができるということがあるでしょう。

また、特にRecitalsが詳細に記述されている場合には、契約本文中の不明瞭又は曖昧な個所の解釈に役立つこともあり得ます。

加えて、上記の例の⑧のような記載を置くことにより、一方当事者が相手方当事者の偽りの声明や説明により騙されて契約してしまった等のクレームを予防するのに役立つと考えられています。

以上のとおり、Recitalsは必ずしも必要ではないものの、とりわけ事実関係や利害関係が複雑で錯綜している契約では、Recitalsを詳細に書き込むことで、時系列その他の事実関係を整理するとともに、契約当事者間の事実認識の相違の蒸し返しを予防する等の役割を期待できますので、そのような点に意義を認めることができるといえるでしょう。

折田忠仁
弁護士折田 忠仁
ベリーベスト法律事務所パートナー。1986年に早稲田大学法学部を卒業し、同年司法試験合格。1989年に最高裁判所司法研修所修了後、主に知財案件を扱う特許法律事務所に入所。1994年に米国ロースクールに留学し、LL.M.修了。1995年にNY州司法試験に合格し、同年NY州弁護士登録。帰国後、米国法律事務所との外国法共同事業事務所、大手渉外事務所を経て、2018年9月にベリーベスト法律事務所に参画。帰国以来、外国企業との商取引、内国企業による外国企業及び外国企業による内国企業の買収、外国企業と内国企業との合弁事業の組成・解消等に係る契約審査を中心に、国内一般民商事案件や内外紛争案件も加え、幅広い経験を積んでおります。
↑ページの先頭へ
無料で電話問い合わせをする
0120-538-016