ベリーベスト法律事務所がお届けする企業法務に関する法律情報メディア

お問い合わせ

リーガルモールビズ斜木裕二
斜木裕二

斜木裕二

国際法律事務所、大手メーカー等の法務責任者を経て、2018年ベリーベスト法律事務所に入所。国際カルテルなどの競争法、国際・国内商取引一般、M&A, JV会社設立等の国際投資案件、グローバルでのグループ子会社の法務体制やコンプライアンス体制、危機管理体制の構築などを手掛る。
1〜10件を表示 (全件)
企業法務M&A
レバレッジを効かす - LBO、SPC、NRL、LBOローン、タ...
1.はじめに LBOはLeveraged Buyout(レバレッジド・バイアウト)、SPCはSpecial Purpose Company(特別目的会社)、NRLはNon-Recourse Loan(ノンリコース・ローン)のことであるくらいは知っているよ、という方も、具体的にどのように使われるのか、使うのか、熟知している方はそれ程多くはないのではないでしょうか。 LBOローンがNon-Re...
斜木 裕二

弁護士斜木 裕二
ベリーベスト法律事務所

2019年10月1日
企業法務事業再生・倒産
我が国のスチュワードシップ・コード、コーポレートガバナンス・コー...
1. はじめに 以下の東京証券取引所(以下、東証)が最近(2019年08月01日)開示した上場企業で独立社外取締役を置く会社の比率を見ると、2015年~2016年頃から急増しています。 この現象は、2014年2月のスチュワードシップ・コードの公表、2014年6月の会社法の一部を改正する法律の成立(2015年5月施行)、2015年6月の東証のコーポレートガバナンス・コードの制定・施行、2017年...
斜木 裕二

弁護士斜木 裕二
ベリーベスト法律事務所

2019年8月8日
企業法務M&A
アーンアウト条項 (Earn out Clause)-M&Aや投...
皆さん経験されているように、M&Aや投資案件の交渉で最ももめるのが買収価格であり、また、当事者にとって最も重要な決定事項であり、最大の取引決裂要因(deal killer)でもあります。 今回は、高い買い物をしてしまうというリスクを回避しながら、売主側と買主側との企業評価、つまり買収価格に大きな開きがある場合でも取引を成立させることができる条項を紹介したいと思います。 1.企業価値の算...
斜木 裕二

弁護士斜木 裕二
ベリーベスト法律事務所

2019年7月29日
企業法務国際取引・海外進出
中国外商投資法がついに可決!中国外国投資規制ーその歴史と昨今の動...
1.はじめに - 中国の外資規制とその緩和の歴史 中国への外国投資については、1979年の「中外合資経営企業法」(1990年等3回改正(1990年改正では、国家は合資経営企業の国有化と徴収を行わないことを原則とする条項などが追加された。))に始まり、「中外合作経営企業法」(1988年)(1988年合作企業法およびその実施細則や外商投資企業清算弁法などの合作企業に関連する法令を総称して中外合作経営...
斜木 裕二

弁護士斜木 裕二
ベリーベスト法律事務所

2019年3月28日
企業法務国際取引・海外進出
米国輸出管理改革法(Export Control Reform ...
1.はじめに-トランプ政権の通商政策 トランプ政権はグローバリズムを拒絶し米国第一主義(America First Policy)の通商政策を掲げ、国家安全保障の支援、米国経済の強化、米通商法のアグレッシブな執行などを通商政策の方針としており、昨年8月13日に成立した「2019年会計年度の国防授権法(※1)」の中に、Title XVII–Review of Foreign Investment ...
斜木 裕二

弁護士斜木 裕二
ベリーベスト法律事務所

2019年3月15日

記事を検索

↑ページの先頭へ
無料で電話問い合わせをする
0120-538-016