ベリーベスト法律事務所がお届けする企業法務に関する法律情報メディア

お問い合わせ

リーガルモールビズ2020年4月

月別: 2020年4月に関する記事

1〜10件を表示 (全件)
知的財産
特許侵害訴訟における損害額の算定について解説―特許法改正を踏まえ...
特許法の一部を改正する法律が、令和元年5月17日に公布され、令和2年4月1日から一部を除き施行されています。   今回の改正では、 査証制度の創設 損害賠償算定方法の見直し が、主要な改正点です。 このうち、損害賠償額算定方法の見直しについては既に施行されており、対応を迫られている経営者や法務部の担当の方々も多いのではないでしょうか。 そこで...
松元 敬一

弁護士松元 敬一
ベリーベスト法律事務所

2020年4月30日
人事労務
厚生年金保険法改正について、弁護士が分かりやすく解説
1.はじめに 近年、高齢者が老後の生活を維持するためには、年金以外に2000万円が必要と金融庁が金融審議会報告書に記載した、いわゆる老後2000万円問題が認知されてから、老後に不安を抱えている方は多くいらっしゃると思います。 しかも、子育てなどの様々な事情から、働き方が多様化していることもあって、正社員雇用に拘らず、フレキシブルな勤務体系で働く方も多くいらっしゃることでしょう。 しか...
石川 賢樹

弁護士石川 賢樹
ベリーベスト法律事務所

2020年4月30日
独占禁止法
「デジタル・プラットフォーム事業者と個人情報等を提供する消費者と...
1. はじめに 引用:公正取引委員会 (1)プラットフォーマー型ビジネスの台頭 昨今,個人情報等の取得または利用と引き換えにデジタル・プラットフォームを提供するというビジネス(定義は2.(2))が拡大してきています。 このような、デジタル・プラットフォーム事業者の提供するサービスは、ネットワーク効果、低廉な限界費用、規模の経済等の特性を通じて拡大する一方で、独占化・寡占化が進みやす...
髙島 星矢

弁護士髙島 星矢
ベリーベスト法律事務所

2020年4月27日
改正民法
民法改正4月1日より施行|危険負担に関する契約上の注意点
1.はじめに 平成29年6月2日に公布された民法の改正法が、令和2年4月1日から施行されました。 今回は、売買等、当事者双方が債務を負う双務契約で広く問題となる危険負担について、改正点を踏まえて解説します。 2.危険負担 (1)危険負担とは? 危険負担とは、売買等の双務契約が成立した後に、一方の債務が債務者の責めに帰することができない事由で目的物が滅失・毀損等してしまったことにより履...
若狹 慶太

弁護士若狹 慶太
ベリーベスト法律事務所

2020年4月24日
改正民法
製造委託契約書の見直し条項 「債権法改正を踏まえて」
1.はじめに 改正民法(改正債権法)が2020年4月1日ついに施行されました。この改正により、特に、諸々の契約に適用される債権総則及び契約総則の内容が、大幅に改められています。 本記事では、まず製造委託契約の意義について触れた上で、危険負担や担保責任等に関してなされた民法の改正が、製造委託契約に与えるであろう影響について解説します。 2.製造委託契約とは 製造委託契約とは、受託者が委託...
下地 寛隆

弁護士下地 寛隆
ベリーベスト法律事務所

2020年4月20日
英文契約
コロナウィルスと不可抗力(Force Majeure)条項
1. はじめに 新型コロナウイルス感染症が猛威を振るっています。 日本では、去る4月7日に新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令されました[1]。 4月14日現在で、世界182か国に対する入国制限等がなされています。 さらに、ジェトロによる在米日系企業へのアンケート結果[2]によれば、生産を中断または通常未満の生産をしている企業は約7割に達しているとのことであ...
村山 泰士

弁護士村山 泰士
ベリーベスト法律事務所

2020年4月17日
改正民法
改正民法~法定利率に関する大幅な見直し
法定利率に関する改正は、市民生活や取引社会に大きな影響があります!!  1.改正の概要 利息を算定するための割合のことを利率といいます。 この利率には、法定利率と約定利率があります。法定利率とは、法律によって利率が決められている場合のことをいい、約定利率とは、当事者間の合意によって利率を決める場合のことをいいます。 今回、法定利率に関する大幅な改正がありました。 まずは、その概要をみ...
野澤 孝有

弁護士野澤 孝有
ベリーベスト法律事務所

2020年4月17日
英文契約
Best Efforts と Reasonable Effort...
1.  はじめに 企業の法務部や海外営業の方達にとって、Best EffortsやReasonable Effortsは英文契約でよく使用される馴染み深いフレイズだと思います。 例えば、shallやwillだと目的達成の法的な義務を負うので、Best Effortsや Reasonable Effortsであれば法的義務を負う訳ではなく、単に努力するだけで責任を果たしたことになり法的責任を追及...
斜木 裕二

弁護士斜木 裕二
ベリーベスト法律事務所

2020年4月10日
英文契約
Shall & Will
1.  はじめに 私達が日常、話をしたり文章を書いたりする時には、shallとwillとは異なる意味で使っています。 極東司令官としてフィリピンに駐屯していたダグラス・マッカーサーが太平洋戦争勃発時に、日本軍の空爆により捕虜となるリスクを回避すべく、家族や側近と共にマニラ湾のコレヒドール要塞から魚雷艇で脱出する際の I shall return. という言葉は有名ですが、これが I will ...
斜木 裕二

弁護士斜木 裕二
ベリーベスト法律事務所

2020年4月10日
中国法
中国独占禁止法の改正案の解説と動向
1.始めに 中国独占禁止法改正が立法計画に 中国独禁法関連「独禁法三部規定」が2019年9月1日に施行(中国独禁法関連「独禁法三部規定」ついに施行―中国独禁法の今後)されてから約半年後、中国独占禁止法(以下「中国独禁法」という)の改正案に関するパブコメが本年(2020年)1月1日から始まり、1月31日までコメントが募集されました。 中国独禁法が施行されてから12年の年月を経て、初めての改正を迎...
ベリーベスト 法律事務所弁護士編集部

ベリーベスト 法律事務所弁護士編集部

2020年4月9日

記事を検索

↑ページの先頭へ
無料で電話問い合わせをする
0120-538-016